スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 * トラックバック(-) * コメント(-) *
ことこと、ひよこ


ガルバンゾ。
というとなんだかたいそうな食べ物のように思えちゃいますね。
わたしは断然、日本名でのよびかたがすき。

06-05-11_21-23.jpg

ひよこ豆。
ころころしたかたちも、たまご色も、ほんとにひよこみたいでかわいくて、しかもおいしくて、だいすきです。


おしごとがはやく終わる日は、夕ごはんにもちょっとひとてま。
今日はひさしぶりに、じっくり煮込み料理をつくりました。
豚ばら肉は表面をこんがり焼いて、新たまねぎ、トマト、ひよこ豆ににんにくとしょうがをちょこっと加え、あとはお鍋でことこと煮込むだけ!
06-05-11_20-51.jpg


お肉もやわらかく仕上がってくれました。
ひよこ豆のほくほく感が、これまたお肉と合うんです。
そんなに大変な作業をするわけじゃないけれど、煮込み料理はちゃんと手間ひまかけた感じがするから、ちょっととくべつごはんな気分です。
スポンサーサイト
【2006/05/11 22:29】 ごはんたち * トラックバック(0) * コメント(0) *
春ごはん


桜。見るのはもちろんですが、そのお味もだいすきです。
ふんわりとしたやさしい香り。

さくらもちから桜のリキュールまで、桜風味のものはたくさんあるけれど、わたしの定番はこれ。
まいとし春には、桜ごはんを炊きます。
06-04-05_20-54.jpg


桜の花の塩づけのほかに、しばづけをちょこっと入れて、緑茶で炊くのが定番レシピ。炊きあがって炊飯器をあけると、桜のかおりがいっぱいにあふれて、とってもいい気分です。
きれいなピンク色が目にもうれしいので、おべんとうにも持っていきました。

桜をつかって、なにかお菓子も作りたいなぁと思っているところ。
もうちょっぴり季節はずれかもしれませんが、せめて葉桜のきれいなうちには実現したいものです。
【2006/04/21 21:02】 ごはんたち * トラックバック(0) * コメント(7) *
まぜまぜおうどん


たとえば、お鍋のあとの、「シメ」の一品。
ごはんを入れてたまごでとじておじやにするのもいいのだけれど、さいきんはどうしても、ごはんよりうどんが食べたくなります。

そう、さいきんなぜだかとってもマイブームな、おうどん。
そんなわけで、今日の夕ごはんはまぜまぜうどん。
06-03-02_20-50.jpg


ねぎの青い部分はみじん切りにしてごま油であえて、麺がみえなくなるくらいにたーっぷりとのせました。
しあげには、半熟たまご。
つゆにはにんにく、しょうが、とうがらしも加えて、ちょっぴりスパイシーに。

06-03-02_20-52.jpg


ぜんぶの具がおうどんの上にのったら、全体をぐるぐるとよくかきまぜていただきます。
さっとできてかんたんだけれど、まんぞくできる一品となりました。
【2006/03/02 23:10】 ごはんたち * トラックバック(0) * コメント(2) *
あこがれチーズ


長年のささやかな夢を、つい先日、ひとつ達成しました。
それは・・

これ!
06-02-12_20-12.jpg

おおきなチーズに直接パスタやリゾットを入れて、チーズをからめていただくという食べかた。

あこがれのチーズリゾット、うーん、おいしかった~!
ついついワインもすすじゃいました。

ドルチェも、チーズがすき。
06-02-05_20-41.jpg

ティラミスは、ほどよくお酒がはいった状態で食べるのがいちばんおいしい!と思うのはわたしだけでしょうか?
だから、夜に食べるデザート、って勝手に決めているんです。

おいしいものざんまいでしあわせな日々。
【2006/02/21 00:42】 ごはんたち * トラックバック(0) * コメント(2) *
年越しの、おごちそう


前回にひきつづき、またまた年末をふりかえって。

我が家では、おおみそかに盛大にパーティーをするのが恒例行事です。
いつの間にか、わたしがパーティーのヘッド・シェフを務めるようになって、数年。
毎年、1年の料理&食べ歩きの集大成として、気合をいれてキッチンに立ちます。

今年のお料理の一部
05-12-31_19-44.jpg

たこのカルパッチョ。
といってもたこがほとんど見えませんね(笑)上に散らしてあるのは、ルッコラとかりかりにフライしたにんにく。
バルサミコベースのソースで。

つづいては、マイオリジナルレシピの中でのいちばんの自信作☆
れんこんとセロリのベトナム風。
05-12-31_19-37.jpg

これは、昔下北沢のベトナム料理屋さんで食べた、はすの茎のサラダをもとに考えました。
しあげにたっぷりのローストしたアーモンドをふりかけるのがポイントです。


このほかにもたくさんつくりました。
が、いつもパーティーのお料理の主役になるのは・・
パパが焼く七面鳥!!
06-01-02_21-20.jpg

中(おなかの部分)には、じゃがいもが詰まっています。
お肉ももちろんおいしいけれど、お肉のうまみをたっぷり吸ったじゃがいもがまたおいしいの♪

たくさんのごちそうとワイン、そして紅白歌合戦。
おなかいっぱいでむかえる年越し。
うちは毎年、こんなかんじです。
そして、こんなおおみそかの過ごしかたが、だいすきです。
【2006/01/07 23:24】 ごはんたち * トラックバック(0) * コメント(2) *
| ホーム | 次ページlll
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。